【洋裁独学】スカート作り初心者が、洋裁本『オーダーメイドスカート/水野佳子著』よりギャザースカートを作ってみました。

自分で選んだ好きな布でスカートが作ってみたい。
そう思いつつも、洋裁本から作るお洋服は殆どがズボンでした。作りたいと思うスカートの洋裁本はないかな?と探していた中、素敵なスカート多数載っている洋裁本『skirt入門オーダーメイドスカート/水野佳子著』と出会いました。今回はこの洋裁本から、ギャザースカートに初挑戦。正直ちょっと失敗もありましたが、赤裸々にその経緯を綴ります。


\ お家時間・手芸・植物好き30代ブロガーのあさです /

洋裁本『skirt入門オーダーメイドスカート / 水野佳子著』が素敵

2004年の書籍です。表紙からもいい雰囲気が伝わるのですが、中身の写真も美しい。古さを全く感じさせません。「作ってみたい。」と思う素敵なスカートが沢山。3つの基本パターンがあり、基本から応用させて計14種類のスカートが作れます。自分の体型に合わせてパターンをつくる方法や、裏布のつけ方、縫製について丁寧に解説が載っています。


あさ
あさ

著者の水野佳子さんの書籍は、独学で服を作る身には、とても心強い書籍が多数。写真や紙面のレイアウトがすっきりしていて見やすく、説明も丁寧なのでこの書籍から学び、服作りが徐々に楽しめるようになりました。

パターンから裁断までの基礎の基礎 
きれいに縫うための基礎の基礎

布の準備から縫製作業

布地の購入

ギャザースカートの為にストライプの布を購入

ストライプの配色が好みで買いました。『skirt入門オーダーメイドスカート / 水野佳子著』に掲載されているギャザースカートは、ストライプの布地で作ったもの。それが可愛くて。
今回自分好みのストライプ布に出会ったのを機に、作ってみることにしました。コットン生地で、110cm幅を2m購入。

初のギャザー部分縫製

ギャザースカートを縫製しているところ。お気に入りのシンガーミシンと共に
混沌とした作業場とお気に入りのミシン

0.5cm程のタックをたたみながら、粗ミシンをかける。書籍にはタックは乱雑に寄せて上下の位置、幅はそろえなくてもいい。とあったので、ざくざくと織りながらミシンをかけていきました。

ギャザースカートのギャザー部分の拡大

初めてのギャザーを作る工程。これでいいのかピンと来ずも、書籍の工程を確認しつつ、縫製していきました。

ギャザースカートが完成

オーダーメイドスカート/水野佳子著より仕上げたギャザースカート

途中確認せず、ダダダーっと縫った私が悪かったのですが、

オーダーメイドスカート/水野佳子著より仕上げたギャザースカート拡大

ギャザーが斜めに流れてしまいました。せっかくのストライプが歪んで仕上がりました。

書籍にかいてあったタックは乱雑に寄せて上下の位置、幅はそろえなくてもいい。という箇所を
乱雑でも大丈夫…』と捉えた自分。ただ雑な、ギャザーになってしまいました…。私の処理が甘かったです。

布もコットンだと、やはり多少のボリュームが出てごわつきました。落ち感のある布地でもよかったと思いました。布選びはいつも難しいです。

今回の発見は、ギャザー入りのスカートをつくるのに、ゴムやシャーリング糸を使わなくても、このような見た目のモノを作れることでした。(きれいにギャザーを入れるため再度リベンジしたいと思います。)

オーダーメイドスカート/水野佳子著より仕上げたギャザースカートウエスト部分の拡大

また、ウエストラインのベルトが細いのも気に入っています。洋裁本のスカートではよく、ウエストゴムを使う形が多かったので、繊細な仕上がりは嬉しいです。(今回の仕上がりは難ありですが…)

まとめ

オーダーメイドスカート/水野佳子著より仕上げたギャザースカートを後ろから

洋裁に少し慣れて、ようやくお洋服作りを楽しめるようになった中、挑戦したギャザースカート。洋裁本『skirt入門オーダーメイドスカート / 水野佳子著』には、この他にも素敵なスカートが沢山のっています。現在は、古本でしか手に入らないようですが、ぜひ興味のある方は見てみてください。最後までお読みいただきありがとうございました。

洋裁初心者向けの講座多数!

オンライン・対面で趣味や習い事を始めるならストアカをチェックする

1回1000円〜の受講料のみ。入会金不要のオンラインレッスン。会員登録は無料です。

記事に登場したモノ一覧

タイトルとURLをコピーしました