お気に入りの洋裁本2冊を組み合わせてセットアップをつくりました(2/3)トップス編

お気に入りの洋裁本2冊を組み合わせてセットアップをつくりました(2/3)トップス編

から引き続き、今回はトップスについて綴っていきます。今年の夏を楽しむためにつくりました。

トップスに使用した書籍は、Quoi? Quoi?(コアコア)さんの「デイリ-ウェア 自分で作って好きに着る。わたしたちの毎日の服 」です👏👏👏

クリックでAmazonに飛びます↑

この書籍は2009年発行のものですが、今でもデイリーウェアとして活用できるお洋服が沢山載っています。本のデザインも好みで、パラパラと眺めるのも楽しいです。

現在は販売されていないので中古の書籍しかないみたいです。

私がよく作っているのはカーディガン達!何着か、生地違いで作ったお気に入りの服です。いい感じの布柄を見つけはこのカーディガンをつくる。または、肌触りのよい布を見つけはこのカーディガンをつくる。

カーディガン

型紙が同じでも布の違いで全く違う印象になる。そして着る気分も変わる事を実際に作って感じとる事が出来、よい経験となった素敵なカーディガンです。

この書籍全体に漂うほどよいガーリーな空気感。だけども甘すぎず、カジュアルに着こなせるバランスがとても好きです。(洋裁の本でも、写真の雰囲気が良くて作ったら、野暮ったいものに仕上がり、そのまま使わずじまい。な失敗をしたので尚更です。)

トップスには、フレンチスリーブタイプのカーディガンの型紙を使用しました。(購入した布の長さは3m。パンツには2mほしいので1m少しで作れるため。)半日程かけて完成したのが↓コチラです。(何回か作っても首周りの接着テープを忘れる。袖と、見頃の縫い合わせて頭抱えなんとか出来ました。)

正面

背面

ウエストまわりに紐が通っており、前から紐を引っ張り調整するときゅっとウエストが絞れ、メリハリがある着こなしが出来たり、紐を伸ばしてゆったりと羽織ることも出来できます。初めて作ったときに苦戦した箇所が、

紐の通し口です。細かい作業で、苦戦。前は、厚みのある生地だったので尚苦戦。。何回か作ってようやく少しは、、きれいな感じに仕上がるようになりました。

この細やかなディティールが既製服感があって最初完成したときはとても嬉しかったんです。すごく裁縫上手になった気分にさせてくれました☺

リネン生地で洋服作りは初めてですが、とても縫いやすくて感動しました!布に印をつけたりもしやすいです。ミシンがスイスイ。テンション上がりました。

上が完成したので、次はパンツをつくっていきます✊
では。

記事に登場したモノ一覧

タイトルとURLをコピーしました