【洋裁独学】サロペットを作りました「ずっと好きな服。/コアコア著」より

洋裁本「ずっと好きな服」からサロペットをつくりました
1着持っていると便利なサロペット。布の雰囲気によって、カジュアルにもシックにも1枚で着こなせ、おしゃれになる心強いアイテム。そんなサロペットが欲しいと思っていました。洋裁本「ずっと好きな服。/Quoi?Quoi?」よりサロペットを作りに挑戦。その過程について綴ります。

\ はじめまして。手仕事と健康ブログの管理人あさです /
ABOUT

洋裁本「ずっと好きな服。/Quoi?Quoi?」のサロペットに一目惚れ

「ずっと好きな服。/Quoi?Quoi?」の書籍にサロペットほしい願望を叶えてくれそうな素敵な一着を発見。(上記スクロールで作品イメージ少し見れます)

Quoi?Quoi?さんの他の洋裁本「自分で作って好きに着る。わたしたちの毎日の服」は愛用書ですが、そのガーリーな趣とはまた違った、甘すぎずモード感漂う実用的なお洋服が載っている一冊でした。

関連記事▶洋裁本「自分で作って好きに着る。わたしたちの毎日の服」より好きなカーディガンの話

布の準備から〜完成まで

サロペットの布地の購入

布はシャンブレーの薄いグリーンの生地を購入。この生地の特徴である霜降り調が個人的には好みです。肌なじみがよく、優しい印象になるところがお気に入りです。少しハリがあり、軽い布でした。110cm幅×1mで¥400程を3m購入したので、合計¥1400でした。

型紙準備〜縫製まで

いつも使っている作業台は80cm×120cmと決して大きくないので、3mの布となると結構大変です。普段はパソコンを置いています。
印付にはチャコペンを使っていたのですが、今は洋裁チョークを使用しています。Youtubeで男性デザイナーが布に洋裁チョークを使ってサラサラと書いてるの見て、かっこいい!と憧れ買ってみたのがきっかけでした。実際に使ってみるとチョークのざっくりとした存在感が手に馴染んで持ちやすく、どんな布にも色がのってくれます。
表面の目印には、シールを貼っています。ウラ・オモテ面を悩まず便利で、友人に伝えたところ、友人はまち針で印をつけているようでした。私はチクッとしない安心感があるこのやり方が気に入っています。
いつもお世話になっている家庭用ミシンであとはひたすら縫っていきます。

関連記事▶洋裁初心者の私が初めて購入したミシン | シンガー SC-100[愛用品]

完成

着てみるとウエストゴムがいい感じに絞れてシルエットがとても綺麗でした。写真に掲載されているイメージ通りの形に着こなせて嬉しくなりました。首周りのラウンドもちょうどよい空き具合です。
革の小物が好きでなので組み合わせてみました。薄い緑色に茶色が生えて個人的には好きな色の組み合わせです。
あさ
あさ

今回使用した型紙のサイズはLサイズで作りました。身長は160cm。ズボン丈は変えていません。ヒールを履いて足元が少し隠れるような丈感に仕上がりました。

まとめ

完成するまで着用してどんな雰囲気に仕上がるか、少し不安だったのですが、完成してみていざ着用してみるとシンプルで使いやすい素敵なサロペットに仕上がっていました。布違いで何着も作ってみたいです。少し肌寒くなってきたので、上着に透け感のあるパーカーを羽織ってみました。着こなし方で年中活躍できそうです。

もし、「ずっと好きな服。/Quoi?Quoi?」からサロペットをつくろうと思っている方にこの記事が参考になれば幸いです。ここまで読んでくださりありがとうございました。

では。

記事に登場したモノ一覧

タイトルとURLをコピーしました